学習内容紹介    教室案内    活動報告    会員向け    リンク
 
お知らせ
太我会とは
代表について

  張澂老師

張澂老師には套路(型)を学んだことはありません。
幾つかの単操法を習っただけで、あとは教わると言うよりもただ推手・対練・擒拿(関節技)の相手をさせられただけでした。
日曜以外は毎日3~4時間、只ただ突き飛ばされ、引き倒され続けました。
擒拿は手加減が無く、特に辛いものでした。
技を掛けられるとき、咄嗟に方向を察知し反応しないと関節が危険で、僅かも気を抜くことが出来ませんでした。
練習中に発力でムチ打ちになり、肋骨にひびが入っても対練は休まず続けられました。
日々衝撃を受け続け、最後には腕も持ち上がらず軽い咳でも辛い状態の中、耐え続けました。
その後遺症からか四十歳を過ぎる頃、右半身は右目から頭、首筋、背中と重く痛み、目は物を見るのもうっとうしく、喋ることも辛くなってしまいました。

張徴老師の体を触ると、全身がまるで青銅のようで、皮一枚すら摘む事ができないほど張り詰めていました。
また発力の鋭さは他に類を見ないもので、その衝撃は今でも体が記憶していますが、そら恐ろしいほどでした。
これまで多くの内家拳の先生と対手をしてきて、受身でわざと飛ばされる事が多い中、 張澂老師は正に別格の一人でした。
 
  張澂老師より頂いた書と添え書き
 
  張澂老師との対練の様子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Copyright(C)Taigakai All Rights Reserved.